仕手株の説明について

仕手株は大きな資金をもった集団が株価を思い通りに操り利益を得る株の銘柄です。初心者が手を出すのは大変危険な株となっています。仕手株をやりたくても、きちんと株の知識を学んでから行いましょう。

仕手株の恐ろしさを知る

仕手株と呼ばれる株式の銘柄があります。これは、その時々によって銘柄名は変わりますが、突然株価が上がりだし、そして、ある時を境に急激に下がるというような株価の変化をするのが特徴です。この様な株価変化がどうして起こるのか公に明らかになることは稀ですが、よくいわれているのは次のようなことです。
それは、ある程度の多額の資金を集められる人あるいは集団が、あらかじめ決めた銘柄の株式(仕手株)を大量に買い付けることで急激に株価をあげます。ただし、一本調子に買い進むことは稀で、売り買いのバランスをみながら、その仕手株の取引量を増やすこともします。これで、その銘柄が活況を呈していると一般にも認められるのが目的です。
一般の注目が集まりますと、株式の上昇に乗って儲けようとする所謂ちょうちんがつきますので、更に株価は上がり、取引量も増えます。あるところまで株価が上がって、この株を買い進めてきた人または集団に十分な利益が出たとします。すると、この時を狙って、今度は大量の株式の売り浴びせをします。その結果、株価は急激に下がることになりますが、ちょうちんをつけた一般の投資家がこの株価下落に追従するのは難しく、利益は出たとしても大したことがない場合が多く、却って損失を被る方が多数だといいます。
仕手株を時間軸でみますと、株価の上昇局面がある程度ゆっくりとしたものになるのに対して、下降局面は一気に進む事が多いですから、一般の人が、このような仕手株に手を出すのは怖いことです。また、情報も仕手株を仕掛けた人または集団に集まっていて表にはあらわれにくいですから、一般の人は不利な戦いを強いられることがほとんどです。自信があるのでしたら別ですが、一般の人が仕手株の取引をするのは、あまりおすすめできません。
情報ツウはこいつか?!仕手株に詳しいブログランキング!!
株で成功するための覚え書き