仕手株の説明について

仕手株は大きな資金をもった集団が株価を思い通りに操り利益を得る株の銘柄です。初心者が手を出すのは大変危険な株となっています。仕手株をやりたくても、きちんと株の知識を学んでから行いましょう。

株式チャート

マーベラスや桧家は仕手株になりにくい

仕手株というのは株価の裏付けがない値段となっているため、このような株を購入してしまうと大きな損失を出してしまうリスクが有ります。
人為的に操作されているので上手く乗ることができれば、大きな利益を出すこともできますが仕手株というのはそのように飛びついてくる投資家を餌食としていますから、実際には上昇の際のふるい落としにやられてしまい高値で掴まされて、そこで売らされるということになってしまうことが大半です。

そのため、仕手株には極力手を出さないのが基本となりますがそれではどのような株が仕手株になりにくいのかというと、マーベラスのような銘柄が挙げられます。
マーベラスは東証一部の銘柄ですが、ゲーム関連ということもありそれこそ新興銘柄や仕手株のような、動きをしやすい銘柄となっています。
しかし、仕手株と違ってマーベラスというのはその時の業績や期待などしっかりといみある株価の動きになっているので、仕手株ほどのリスクがないものとなります。

次に桧家ですがこれは名証二部ということもあって株価を釣り上げること自体はそれほど難しくないため、仕手化しやすい銘柄となります。
しかし、桧家も基本的には仕手化しづらい銘柄となりその理由としては株を買い集めるのも難しいのですが、株価を釣り上げた後に買ってくれる人がついてきづらいという面もあるためです。
桧家自体は業績も堅調であり、魅力ある銘柄となっていますが市場が名証二部ということもあり注目度が低いものとなっています。
注目度が低ければ、株価を釣り上げてもそれにつられてくる投資家の数が少ないことから仕込んだ株を捌き切れない可能性が出てきてしまうので、桧家も仕手株にはなりにくい異銘柄となっているのです。