仕手株の説明について

仕手株は大きな資金をもった集団が株価を思い通りに操り利益を得る株の銘柄です。初心者が手を出すのは大変危険な株となっています。仕手株をやりたくても、きちんと株の知識を学んでから行いましょう。

株式チャート

大事な投資資産は仕手株よりも大日本印刷に

投資をする場合には生活のために、必要なお金と投資資産を分けて考える必要があります。
命金に手を付けるなという相場の格言があるように、無くなって困るお金を投資に使うべきではなく投資資産は無くなってもいいと思える金額に設定をすることが大切です。

しかし、無くなってもいいと思っていてもすぐに無くなってしまうようなリスクのある取引は慎むべきであり、大事に資産運用をすることが重要です。
そして、特に気をつけておきたいのが仕手株のようなリスクの高い株には手を出さないようにして、大日本印刷のように安定している銘柄に投資をするようにしましょう。
仕手株というの企業として価値の無い業績不振の銘柄が、人為的に株価を操作されてそれに飛びついてきた投資家に高値で株を売りつけ利益を出すことを目的としたもので、大日本印刷のように企業としての実態があって根拠のある株価になっているわけではなく、仕手株を操作している本尊によって値がつけられているだけであるため、このような銘柄に飛びついて売り時を逃すとボロ株を無駄に高値で買わされてしまうことになるのです。
元々価値の無いような銘柄であるため、高値で掴まされれば一瞬にして投資資産の大部分を失ってしまうことになり、大きな痛手を負ってしまうことになります。
無くなってもいいというお金であっても、価値の無いものにお金をかけて無駄にするというのはこれほど馬鹿らしいことはありませんから、大事な資産を運用するのであれば仕手株のような危険性の高い銘柄は避け、大日本印刷のように企業としての価値がある銘柄をチョイスして大きな利益を狙わず少しずつ、堅実に資産を増やすようにしていくと良いでしょう。