仕手株の説明について

仕手株は大きな資金をもった集団が株価を思い通りに操り利益を得る株の銘柄です。初心者が手を出すのは大変危険な株となっています。仕手株をやりたくても、きちんと株の知識を学んでから行いましょう。

株式チャート

投資銀行は木曽路を仕手株にすることがあるのか

投資銀行が木曽路などを仕手株とすることがあるのかと思う人もいるかもしれませんが、これはほぼありえないといえるものとなっています。
その理由はいくつかありますが、投資銀行というのは取引のルールを厳格に決められているので仕手株のような相場操縦に近い形での売買をするようなことはないため、投資銀行が仕手株の本尊となる可能性は極めて少ないものとなります。
ただし、巨額の資金を動かす集団であることから木曽路に投資をしようとした時に、はからずも仕手株のような動きをさせてしまうといったことは可能性としてないわけではありません。
しかし、それでも投資銀行のような存在はできるだけ、市場に影響を与えずに売買をすることが義務付けられているので、怪しい値動きをするということはほぼ無いと言ってよいでしょう。

次に木曽路自体が仕手株として選ばれるような銘柄でもないので、仕手化するということは可能性として低いものとなっています。
仕手化しやすい銘柄というのは、業績が堅調な銘柄よりも業績が不振であったり将来性が乏しく市場からも見放されたような銘柄が選ばれやすくなります。
その理由としてはこのような銘柄のほうが株可能操作をしやすいので、仕手株の本尊としては都合がいいためです。
注目を浴びず適度に株を買い集めやすい銘柄であれば、長い時間少しずつ株を買い集めてあるとき大きく株を買い上げ株価を高くして、市場の注目を引くというのも容易く行うことができます。
しかし、ある程度注目されている木曽路のような銘柄ではこのような操作も難しくなってしまうので、木曽路のような銘柄が投資銀行によって仕手株化することも、仕手筋に狙われて仕手株化する可能性というのも少ないものとなっています。