仕手株の説明について

仕手株は大きな資金をもった集団が株価を思い通りに操り利益を得る株の銘柄です。初心者が手を出すのは大変危険な株となっています。仕手株をやりたくても、きちんと株の知識を学んでから行いましょう。

株式チャート

菱電商事株は買いやすいのかアメリカのファンドに注目

注意を促す男性
投資の世界には仕手株といわれる手法があります。仕手株はやってはいけない方法ですが、厳密に禁止されているわけではなく、グレーな扱いとしていまだに存在しています。普通に取引を行っている投資家は、仕手株に手を出さないよう注意したいところです。
多くの資産を持っている投資家の集団が、目星をつけた銘柄に対して、一斉に買ったり売ったりを仕掛けることにより、株価を無理やり変動させる方法です。この株を取引しようとすると、仕手株を仕掛ける集団の思う壺になり、損をする恐れがあるため、避けるのが無難です。
安全に投資をするなら、まずは国内株から攻めてみましょう。大手企業の株ならば、潰れるリスクが少なくなります。菱電商事は大手電機系の商社であり、ビルの昇降機や空調などを得意としています。取引先が安定しているのが、菱電商事の魅力です。
しかし、菱電商事の株を購入するには、ややハードルがあがります。株価自体は2015年12月の時点で800円程度ですが、最低株数が1000となっていますので、80万円前後の資金が必要になります。
資金に余裕がなければ、もっと少ない資金で投資ができる株を探しましょう。10万円程度で購入できるものもたくさんあります。
アメリカのファンドに投資をするというのもおすすめです。ファンドとは、いわゆる投資信託です。プロが運用してくれますので、アメリカのような海外を舞台にした投資でも、比較的に安全に運用ができるメリットがあります。
アメリカのファンドは10000円前後の価格のものがたくさんあり、10000円以上で1口から購入できるようになっていますので、20000円あれば何かしらのファンドを保有できる手軽さがあります。